Freestyle Work Design - フリースタイルワークデザイン -

‪フリースタイルワークデザイン(FreestyleWorkDesign)は、"フリースタイラー(Freestyler)のフリースタイラー(Freestyler)によるフリースタイラー(Freestyler)のためのブログ"。Naoto Yoshida(吉田直人)によるフリースタイル(Freestyle)とワークスタイル(Workstyle)の共創記録。将来プロフリースタイラー(ProFreestyler)として生計を立てたい人々へ向け、フリースタイルと仕事を繋げるロールモデル(参考記事)の情報発信が目的。

【 #読書をしよう 】"あなただけの悩み事"。解決のヒントはもう「本」に記されている?

2018年1月4日(木)12:00

FWD(Freestyle Work Design)のブログ記事投稿4日目。

 

普段からSNSやブログ・サイトなどを、情報収集する際に活用しています。特にTwitterはタイムラインから悩み事や不満・愚痴などが溢れており、各々、自分の世界で苦しんでいたり、葛藤されているのをよく見かけます。今回は #読書をしよう ということで、#読書 を通して、お悩みの解決手段を探す方法をご紹介します。

 

 

そうは言っても、読書(本)の力は人それぞれ。

普段から本を読まれる人でも、①読書をするだけ o r  ②本を読んだ後に何かをする かで大きく違います。0と1の違いです。前者も ①読書をしない or  ②本を読む の中で考えますと、0(①読書をしない)ではなく1(②本を読む) となりますので意味はあると思います。

 

昨今では、SNSGoogle先生などを使えば情報収集が出来ますし、本に書いてある事も書評や記事で知る事が出来ます。それでも、読書(本)を通して得られるものは多いと思うのです。読書(本)習慣が無い場合は、普段から慣れているであろうSNSやネット媒体も活用しながら、お悩み解決手段を探してみてはいかがでしょうか?

 

SNSGoogle先生を通して10個ほどピックアップし、メモに残す。

Twitterのタグ検索→ブログ・サイト記事URL付き投稿に遭遇→5つほどピックアップ。

Google先生で検索→ブログ・サイト記事が表示→5つほどピックアップ。

 

一通り、ざっとで良いのでスクロールして流し読みします。あとは、響いたり、興味が湧いたところがあればそれもピックアップしたメモに一言コメントで追記しておきます。

 

②ピックアップした10つの記事の中で引用元や参考サイトに注目し、共通している引用元の書籍を発見する。

全てではありませんが、多くの記事のコンテンツは先人や現代の著者の本からの引用や要約、リライトの傾向があります。さらにいうと、現代はスマホでスクロールして電車内や歩きスマホで見る方が多いのと、移ろいやすく、飽きやすい傾向が強いので、コンテンツの質を保ちながらも"読みやすさ"や"手軽さ"を意識されている媒体が多い気がします。

 

③図書館や本屋で"目次"をざっと読んで、必要な部分だけ集中的に読み、ゲットする。

 

本来はしっかり読む事をお勧めしますが、時間が無い人や飽きやすい人も多いと思います。現実的には、必要な部分を取捨選択し、少しでも読書(本)をする習慣を作っていき、引用元となっている書籍をしっかり読み込むことで、「あれ、この人の話、自分の今の状況に近いな」という場面に出会うでしょう。

 

 

---

 

多くの人がインターネットのおかげで、いつでも、どこでも、だれでも自由に情報収集できる時代です。いまさら読書や本の良さをシェアしたところで影響力は米粒ぐらいだと思います。それでも、読書が好きなると年齢関係なしに色々な年代と対話だできます。さらに多くの分厚い本は、コンテンツがしっかりしています。先人や現代人の著者が時間を費やして得た経験や情報を、大げさに言えば、人の人生を低コストで体験できたり、思考を知る事ができるのは、本は素敵なアナログ媒体だと思います。本が好きな人から色々な本を紹介してもらいたい今日この頃です。

 

New Hobby Lifestyle ~"趣味"を見つける交流会~

peraichi.com