Freestyle Work Design - フリースタイルワークデザイン -

‪フリースタイルワークデザイン(FreestyleWorkDesign)は、"フリースタイラー(Freestyler)のフリースタイラー(Freestyler)によるフリースタイラー(Freestyler)のためのブログ"。Naoto Yoshida(吉田直人)によるフリースタイル(Freestyle)とワークスタイル(Workstyle)の共創記録。将来プロフリースタイラー(ProFreestyler)として生計を立てたい人々へ向け、フリースタイルと仕事を繋げるロールモデル(参考記事)の情報発信が目的。

【 #あったらいいな #003】#ワイファイランドリー = 月額980円&利用し放題! #コインランドリー を #コワーキングスペース に。

2018年1月19日(金)の投稿分(朝用)

FWD(Freestyle Work Design)のブログ記事投稿19日目。

 

コインランドリー。学生の頃、サッカーやフットサルの合宿、修学旅行の時ぐらいしか利用したことはないと思います。ただ、多くのコインランドリーは基本、利用者はいると思いますが、スペースは少しあるだけで人はその場にいません。割とありきたりのスペース活用ですが、「 #ダイエットベッド 」「 #エブリウェアコーヒー 」に続き、3つ目のアイデアです。しばしお付き合い下さい。

 

【 #あったらいいな #003】#ワイファイランドリー = 月額980円!全国の #コインランドリー を #コワーキングスペース に。

イデアのきっかけは「家の近くの寂しいコインランドリー」

朝起きると、とりあえずコンビニエンストアにお手洗いを借りに行きます。その際に、いつも通る道にコインランドリーがあります。いくつかあります。たまに人がいますが、基本「ブォ〜ン」と稼働しているだけの場合が多いです。漫画や机はあったりします。Wi-Fiはどうやら無いみたいです。「あればいいのに」と思った方は、数万人ぐらいいるのでは無いでしょうか。何の根拠もありませんが。

 

お手洗いに関する記事はこちら↓

nyfreestyler.hatenablog.com

 

「 #ダイエットベッド って?」↓

nyfreestyler.hatenablog.com

 

 「 #エブリウェアコーヒー って?」↓

nyfreestyler.hatenablog.com

 

  

「コインランドリーにWi-Fiをつけてほしい…」ただの願望…。

「コインランドリーは使わないけど、作業スペースがほしい…」そんな願望ですね。別にコインランドリーに限らず、例えば、時間帯によって利用者が少なかったり、そもそもお客さんが来ない「美容院」や「飲食店」などでも良いと思います。「コインランドリー→洗濯をする」「美容院→髪を切る」「飲食店→飲食をする」という本来のサービスではなくて、利用者が少なかったり認知度がないうちは、発想を変えてそのメインと思われるサービス自体をオプションにするぐらいのイメージで、他の手を考えた方が良い気がします。「美容院」と「飲食店」を例にあげたのも、家の近くを散歩する際によく美容師のオーナーやお店の店主と一瞬目があって、「……(人…入っていないなぁ…あ、めっちゃパソコンとにらめっこしてる…株かYouTubeか予約状況など見ているのかな…)」そんなことがよくあったからです。最悪、何も具体的に提供する必要はないかもしれません(髪を切ったり、料理をしたりすること)。ただ、人間ですから「ノリで髪でも切ろっかな」「ちょっと小腹が空いたから注文しようかな」と思う人は必ずいるはずです。

 

月額980円で全国どこでもいつでもコインランドリーが作業スペースに。

都内のカフェでWi-Fiがあるカフェやお店を探すの…疲れませんか?新宿はWi-Fiや電源完備のカフェが多いのですが、2時間制とか多いので制限されるところが増えた気がします。うぅ…。そんなこんなで、「家の近くのコインランドリーがコワーキングスペースにでもなってほしいな」と思った次第です。月額980円ぐらいなら、利用しない日があったりしても、「まぁ、そのぐらいなら一応払い続けても良いかな。コーヒー2杯分ぐらいで1ヶ月間、全国どこでも利用し放題できるのならば」そんな感じです。どなたかそんなサービスを開始して下さい。


 

---

 

いかがでしたでしょうか。ただ、この記事を書いた後に「コインランドリー Wi-Fi」で検索したら、すでに似たような事業を開始している会社がありました。最近では、コインランドリーのスペースを活用してヨガ教室や習い事を開く事業もあるみたいですね。もっと全国的に付加価値をもっと付けて、広がってほしいです。それではまた。