Freestyle Work Design - フリースタイルワークデザイン -

‪フリースタイルワークデザイン(FreestyleWorkDesign)は、"フリースタイラー(Freestyler)のフリースタイラー(Freestyler)によるフリースタイラー(Freestyler)のためのブログ"。Naoto Yoshida(吉田直人)によるフリースタイル(Freestyle)とワークスタイル(Workstyle)の共創記録。将来プロフリースタイラー(ProFreestyler)として生計を立てたい人々へ向け、フリースタイルと仕事を繋げるロールモデル(参考記事)の情報発信が目的。

【「うわ、 #ありがちなタイトル 」 】#やりたいこと は #やってみる から見つかる?意外と難しい #心のブレーキ の外し方3選!!

2018年1月13日(土)13:13

FWD(Freestyle Work Design)のブログ記事投稿13日目。

 

「やりたいことが見つかりません」的なことがよくあるみたいです。そして、「やりたいことが見つからない=自分イケテナイ…やばい(別にヤバくないです)」という負のスパイラルになる方もいらっしゃるらしい。そんな今回は心のブレーキの外し方を3つ選んでみました。

 

【「うわ、 #ありがちなタイトル 」 】#やりたいこと は #やってみる から見つかる?意外と難しい #心のブレーキ の外し方3選!! 

 

[その1]「 #自分ルール 」を決めちゃう。

人は 無意識に #自分ルール に従って判断することがあると思います。どちらかというと曖昧で感情が高まった時など衝動的に言動をしてしまうのではないでしょうか。そのため、優柔不断や自信が今は乏しい方は、意識的に #自分ルール を視覚化(ノートに書く、公言等)しておくと、心のブレーキは外し易くなるのかもしれません。

 

[その2]モラルや経済的理由以外で迷ったら…「試しちゃう」。

悪いことやお金の問題以外で「迷う」場合は、「興味が無い“訳では無い”」ので“あなたのプライド”は頭の棚に置いておき、試すルールを決めておくと良いのではないでしょうか。大抵、試してみるものは上手くいかないので、もれなく、“一時的な恥”という“一般的にマイナスに思われるような経験”をする機会はあると思います。

 

[その3]“試すこと”が“やりたいことの1つ”にもなるので、まず「見つかる」。

僕も最近、友達に言われて改めて思いましたが、一般的には“一時的な恥”は、リスクと感じる人が多いため、試してみるだけでどうやら凄いことらしいです。そのような“一時的な恥”の経験が多く出来ると、抵抗が無くなり、成功(失敗の連続が多いので成功が近く)を前提としているので、いつの間にか、“継続的な鍵”に変化していることに気がつきました。その時点で、もう「試してみる」が「やりたいこと」の1つとして見つかるのではないかと思います。さらにその「試したもの」が「やりたいこと」と認識する日も近くなるのかなと。

 

---

 

いかがでしたでしょうか。自分では大した出来事ではないことが人から見たら凄いことって意外と多いのだなと思いました。そんな感じの経験が少しでもお役に立てれば幸いです。ありがちな記事エントリーでした。それではまた。

 

peraichi.com

New Hobby Lifestyle ~"趣味"を見つける交流会~